発達障害児の療育ブログ 猫が犬に体当たりして子供を助ける映像を見て。NHK おはよう日本

発達障害児の療育ブログ

アスペルガー症候群の子(さや)を育てています。 3歳のときから療育しています。 アスペルガー症候群・自閉症・ADHDなど発達障害に役立つ情報の提供を目指しています。 ABA・TEACCHなどの方法のほかに、効果的だったことも紹介します。

05/16

Fri

2014

猫が犬に体当たりして子供を助ける映像を見て。NHK おはよう日本

 今朝のNHK「おはよう日本」でやっていたニュースですが、アメリカのカリフォルニア州の住宅に取り付けられている防犯カメラが興味深い映像を捉えました。

 4歳の男の子が自転車(ペダルがないのでストライダー?)で遊んでいたところ、背後から近所で飼われている犬が近づいてきて、男の子の足に噛みつきました。



 そこへ男の子の一家が飼っている猫のタラが猛突進して犬に体当たりし、男の子から引きはがした犬を威嚇して、追い払ったそうです。

 男の子は足を数針縫いましたが、元気とのこと。

 ネット上の動画が話題になり、テレビでも取り上げられたようです。

 
 なんとも微笑ましい映像。
 
 誰かを守ろうと思う気持ちは動物にもあるのですね。



 

 娘が在籍している特別支援級で、5年生の男の子が娘だけにとても親切に優しく接してくれます。

 先生や他の子に傍若無人な振る舞いをして、先生から少し疎まれているような存在の子ですが、何故か娘だけに優しくしてくれます。

 今まで支援級は男の子が多かったので、1年生の女の子は新鮮な存在だったのでしょうか。

 娘がトランポリンから体勢を崩して落ちそうになったときも、その5年生の男の子が助けてくれたそうです。

 支援級は校外学習が多いのですが、学校の外へ出かけるときは、率先して娘と手をつないでくれます。

 
 人も動物も、優しくし合える関係は素敵ですね。



関連記事(1):めざましテレビで中野美奈子さんが紹介していた「シンガポール動物園」を見て。図鑑もいいけどリアル体験も
関連記事(2):療育犬とは?be動詞を教えて文科省に改善要求されたヤマザキ学園大学はアニマルセラピーを学べるらしい
関連記事(3):TBS「一音入魂~わかばの響き~」山梨県立わかば支援学校のドキュメンタリーを見て






にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
読んで下さってありがとうございます。よかったらシェアをお願いします。

ブログ内検索

プロフィール

HN:
つぐみ
性別:
女性
趣味:
読書
自己紹介:
 アスペルガー症候群の子を育てている主婦です。療育や幼児教育に関心があり、読書の幅を広げています。

現在千葉県に住んでいます。出身は静岡県です。

フリーエリア


カレンダー

03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

RSS

PR

Copyright © 発達障害児の療育ブログ : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7