発達障害児の療育ブログ ダウン症児だけ引き取り拒否?タイ人女性が双子を代理出産したニュースを見て

発達障害児の療育ブログ

アスペルガー症候群の子(さや)を育てています。 3歳のときから療育しています。 アスペルガー症候群・自閉症・ADHDなど発達障害に役立つ情報の提供を目指しています。 ABA・TEACCHなどの方法のほかに、効果的だったことも紹介します。

08/07

Thu

2014

ダウン症児だけ引き取り拒否?タイ人女性が双子を代理出産したニュースを見て

少し前のニュースですが、21歳のタイ人の女性(パッタモン・ジャンブアさん)がオーストラリア人の夫婦の双子の子どもを代理出産した際に、ダウン症の男の子だけ引き取り拒否されたという報道がありました。
 
 代理出産の仲介業者がジャンブアさんに中絶を求めましたが、宗教上の理由(おそらくカトリック教徒)で中絶はできないとして、拒んだそうです。

 ダウン症の男の子には心臓の疾患があり手術が必要でしたが、世界的に報道されたことで、手術費用を集めるための募金活動が始まり、 多くの募金が寄せられたそうです。

 

 このブログでも、出生前検査のことなどについて書いたこともありましたが、代理出産となると話はさらに複雑になりますね。

 代理母となる人と依頼者に、生まれてくる子が障害児であった場合のことについて、事前の取り決めをしっかりしておかなければならないのでしょうね。
 今回は仲介業者を介してのことですが、契約事項の甘さがトラブルを招いているのだと思います。


 日本では、代理出産自体を認めていないので、向井亜紀さんのように海外の女性に代理母になったもらう例もありました。
 しかし、たとえ海外で代理出産を実現しても、日本で育てるためには戸籍の問題など、大きな壁があるので海外での代理出産が日本で広まることはなさそうですね。

 タイでも商業目的での代理出産は禁止されているそうですが、貧困ゆえに違法な取り引きが闇で行われているようです。

 後付けのニュースですが、今回、代理出産を依頼した夫婦の夫の方は、過去に児童に対して性的ないたずらをしたということで実刑を受けているとわかり、さらに波紋を呼んでいます。
 
 
 子どもをモノのように考えている人がいるのは悲しいことですね。

 

関連記事(1):ハートネットTV「シリーズ 選ばれる命 第1回 問われる出生前検査」を見て
関連記事(2):TBS テレビ未来遺産「“いのちの輝きSP”出産&がん医療最前線…家族の決断」を見て
関連記事(3):親の事情で子供の人生が台無しに。クローズアップ現代「戸籍のない子どもたち」を見て





にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
読んで下さってありがとうございます。よかったらシェアをお願いします。

ブログ内検索

プロフィール

HN:
つぐみ
性別:
女性
趣味:
読書
自己紹介:
 アスペルガー症候群の子を育てている主婦です。療育や幼児教育に関心があり、読書の幅を広げています。

現在千葉県に住んでいます。出身は静岡県です。

フリーエリア


カレンダー

06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

RSS

PR

Copyright © 発達障害児の療育ブログ : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7