発達障害児の療育ブログ 親が子供の夢に協力する。ハートネットTV「北海道 美瑛の丘で」―桃子23歳 ペンション開業の夢―

発達障害児の療育ブログ

アスペルガー症候群の子(さや)を育てています。 3歳のときから療育しています。 アスペルガー症候群・自閉症・ADHDなど発達障害に役立つ情報の提供を目指しています。 ABA・TEACCHなどの方法のほかに、効果的だったことも紹介します。

04/16

Wed

2014

親が子供の夢に協力する。ハートネットTV「北海道 美瑛の丘で」―桃子23歳 ペンション開業の夢―

先日、NHK Eテレ ハートネットTVで、「北海道 美瑛の丘で」―桃子23歳 ペンション開業の夢―というタイトルのドキュメンタリーが放映されていました。



 エーラス・ダンロス症候群という先天性の疾患をもつ23歳の女性、黒村桃子さんは千葉県から北海道の美瑛町に移住し、お母さんと共にペンションを開業しました。

 エーラス・ダンロス症候群は、皮膚や関節、血管などが脆弱になるなどの症状があるそうです。
 桃子さんは曲がった背骨を手術するために長い病院生活を送りました。

 めったに旅行ができなかった桃子さんですが、5年前に北海道の美瑛に初めて訪れたとき、その広大で美しい風景に心を奪われたそうです。

 
 体力の消耗が激しく、大学を卒業しても、就職をあきらめざるを得なかった桃子さんは、自分と同じように、難病や障害のある人たちが特別なひと時を過ごせるような、そんなペンションを作ろうと思い立ちました。

 そこで、桃子さんのお母さんの操さんは、3,000万円の借金をして、ペンションの建設資金を用意し、桃子さんの夢を支えてきました。

 桃子さんの夢が形となったペンション、「うねうね畑とくもの月」は外観、内装ともに素晴らしい造りです。
 さり気ないユニバーサルデザインが施されていて、インテリアにも細部までこだわっています。



 桃子さんは、お母さんと開業したペンションを通して社会と関わりを持ち、働く場所を得ることができました。

 今回の番組のテーマは、エーラス・ダンロス症候群の桃子さんに焦点が当てられていましたが、桃子さんのために、3,000万円の借金をしたのはお母さんです。

 障害を持つ子が将来、就業できるかどうかというのは、親としての心配の種でもあります。

 障害者が職業を得るのは、不可能ではないけれど、なかなか難しいことでもあります。


 障害のある子が働きやすい職場を親がお金を出して作ってあげるという試みは、桃子さんのお母さんの他にもどこかで行われていそうな気がします。(特に飲食店など)
 
 番組を見て、私は娘のために、どれだけ頑張れるのだろうかと、親目線で見てしまった次第です。

 でも、桃子さんのお母さんは、娘に尽くすばかりではなく、美瑛のペンション作りや運営の協力を、ご自分も楽しんでいるのかな、とも思いました。



関連記事(1)貧困で療育が受けられない?ハートネットTV「貧困・追いつめられる母子」(シリーズ 子どもクライシス)を見て
関連記事(2)療育費+教育費?Eテレ エデュカチオ!「教育にまつわるおカネの話」を見て
関連記事(3)吉永小百合さんは福祉の味方。いいとも最終回の出演で話題に。





にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
読んで下さってありがとうございます。よかったらシェアをお願いします。

ブログ内検索

プロフィール

HN:
つぐみ
性別:
女性
趣味:
読書
自己紹介:
 アスペルガー症候群の子を育てている主婦です。療育や幼児教育に関心があり、読書の幅を広げています。

現在千葉県に住んでいます。出身は静岡県です。

フリーエリア


カレンダー

09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

RSS

PR

Copyright © 発達障害児の療育ブログ : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7