発達障害児の療育ブログ 調剤薬局でお薬手帳を渡さない方が安くなる?シールだけ配布は?

発達障害児の療育ブログ

アスペルガー症候群の子(さや)を育てています。 3歳のときから療育しています。 アスペルガー症候群・自閉症・ADHDなど発達障害に役立つ情報の提供を目指しています。 ABA・TEACCHなどの方法のほかに、効果的だったことも紹介します。

05/27

Tue

2014

調剤薬局でお薬手帳を渡さない方が安くなる?シールだけ配布は?

 今日のネットでニュースで見ましたが、お薬手帳を薬局に出さない方がお安くなるのだそうです。

 ご存じでしたか?私は知りませんでした。。。


 医療・健康系のモバイルサービスを展開しているプラスアールという会社が調剤薬局で配布されている「お薬手帳」い対する意識調査の結果を発表したそうです。

 調剤薬局というのは患者に対して薬剤を処方するだけではなく、薬を安全適切に使用するための指導を行う役割も担っています。
 患者が支払っている薬代は、このような薬剤師からの指導に対する報酬も含まれているのだそうです。

 この「薬剤服用歴管理指導料」は、平成25年度までは一律410円(自己負担3割の場合は130円)でした。
 それがこの4月から、調剤薬局で配布されているお薬手帳」に記載するのが不要である患者に対して、340円(自己負担3割の場合は110円)へ引き下げられ、つまりお薬手帳を持参した人よりも安く済むことになったのです。
「この改定を知っていましたか」という質問でプラスアール社が調査したところ、「知っている」という回答は12.8%でした。

「普段、薬局に"お薬手帳"を持っていきますか」という問いに対して、「必ず持参する」が29.9%、「よく持っていく」が20.4%、薬局に「あまり持っていかない」や「全く持っていかない」は約半数とのことでした。

 
 私は子供のも自分のも「お薬手帳」は必ず持参していましたが、私の分はいらないかなぁと思いました。
 子供は市の医療証で無料なので持参してよいと思いますが、私の場合、もらっているのはいつも同じ薬ばかりなので、お金がかかるなら必要ないですね。

 スマートフォン向けの服薬記録アプリがあるそうなので、私のお薬手帳として使用してみようかな、と思いました。

 ちなみに薬を持参しなくても、薬局からお薬手帳に貼るシールだけを配布される場合がありますが、シールをもらったただけでは負担金はかからない、と薬剤師の人がコメントしているサイトがありました。
 シールをもらうのもびくびくしてしまいそうな私です。
 医療費や薬代ってわかりにくいものですね。。。







にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
読んで下さってありがとうございます。よかったらシェアをお願いします。

ブログ内検索

プロフィール

HN:
つぐみ
性別:
女性
趣味:
読書
自己紹介:
 アスペルガー症候群の子を育てている主婦です。療育や幼児教育に関心があり、読書の幅を広げています。

現在千葉県に住んでいます。出身は静岡県です。

フリーエリア


カレンダー

09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

RSS

PR

Copyright © 発達障害児の療育ブログ : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7