発達障害児の療育ブログ 数字課題

発達障害児の療育ブログ

アスペルガー症候群の子(さや)を育てています。 3歳のときから療育しています。 アスペルガー症候群・自閉症・ADHDなど発達障害に役立つ情報の提供を目指しています。 ABA・TEACCHなどの方法のほかに、効果的だったことも紹介します。

03/21

Fri

2014

発達障害、学習障害(LD)の子のための文章題練習

 発達障害の子は、算数の文章題が苦手なことが多いといわれていますが、学習障害(LD)の子にもそのような子はいるようです。
 発達障害は想像力の障害とも言われていますが、文章を読み取る力は、想像力を要することが多々あります。

 私の娘はアスペルガー症候群なのですが、わりと早い時期に診断を受けたこともあり、就学前から算数の文章題の練習に取り組みました。

 障害児を対象とした教室(ABAによる指導)の先生に教えていただいた文章題の練習方法を以下に紹介します。

はじめは、言葉と記号を結びつける練習をします。



 まず、上の画像のように、「ぜんぶで」「あわせて」「のこりの」のような文章題でよく使用される言葉の下に下線をひいて、「+(プラス)」と「-(マイナス)」を書く練習をします。

 他にも、増減を表す言葉はたくさんあり、よく出題されるものをいくつか練習します。



 この問題に出てくる言葉以外にも、様々な増減を表す言葉がありますが、文章題をたくさん解くことで、問題を解く手がかりになる言葉を見つけられる訓練をします。



 最後に、下の図のように、手がかりになる言葉を見つけたら下線を引き、「+(プラス)」や「-(マイナス)」を下線の下に書けるようにします。
 そして、問題中に出てきた数だけ〇(マル)を書き、減るときは〇の上に×(バツ)を書いて式が作れるようにします。



 記号や〇を書き込むことで、文章の世界を具現化し、わかりやすくしています。
 私の娘は、上記のやり方でたくさんの問題を解きましたが、今では、記号や〇を書き込まなくても、すぐに式を立てて問題を解けるようになりました。

 スモールステップからじっくりやるということですね。

陰山プリント算数文章題 小学1年生
陰山プリント算数文章題 小学1年生


関連記事(1):序列としての数の認知が難しい発達障害児への取り組み
関連記事(2):小正月に小豆の数を数えてみよう(6歳、最近の数字課題)






にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
読んで下さってありがとうございます。よかったらシェアをお願いします。

ブログ内検索

プロフィール

HN:
つぐみ
性別:
女性
趣味:
読書
自己紹介:
 アスペルガー症候群の子を育てている主婦です。療育や幼児教育に関心があり、読書の幅を広げています。

現在千葉県に住んでいます。出身は静岡県です。

フリーエリア


カレンダー

03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

RSS

PR

Copyright © 発達障害児の療育ブログ : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7