発達障害児の療育ブログ ABA雑感

発達障害児の療育ブログ

アスペルガー症候群の子(さや)を育てています。 3歳のときから療育しています。 アスペルガー症候群・自閉症・ADHDなど発達障害に役立つ情報の提供を目指しています。 ABA・TEACCHなどの方法のほかに、効果的だったことも紹介します。

11/29

Fri

2013

ABAによる療育は3歳までに始めなければ効果がないのか


 このブログでも度々触れているABA(応用行動分析ですが、早期集中療育で大きな効果があるとされています。

 では早期とはいつ?


 日本のABA指導の組織として一番有名なのは「つみきの会」ですが、そちらのサイトでは、ABAの創始者ロバース博士の研究結果を引用し、週40時間の1対1の療育(ABA)を受けた2~3歳の自閉症幼児が結果的には一番効果があったと説明しています。

 以前このブログでも紹介した奥田健次先生の個別相談の開始年齢は5歳以下で、言葉の獲得については1~2歳代で開始するのがベストであるとサイトに書かれていますが、あまりに相談依頼が殺到していて、相談開始年齢を3歳以下に引き下げようかということが、以前、奥田先生のブログに書かれていました。
 

 療育センターに4年在籍していて思うことですが、発達障害の診断を受けることに躊躇し、診断が就学直前になる子もわりといます。

 発達専門の病院が地域にない場合、離れたところの病院を受診しなければならなかったりしますが、面倒臭がりなお母さんだと、「うちの子は発達が遅れていて、自閉っぽいな」と心で思っていても、そのまま診断を受けずになんとなくの気分で療育センターに通っていたりします。(しかも療育センターを休みまくる)


 要するに、子供が3歳までに療育に本腰を入れる人は、そんなに多くはないということです。

 
 では、ABAというのが、気づきが早く意識の高いお母さんの子供だけに実践される、特別なものかといえば、そんなこともないと思います。

 前の記事にも書きましたが、情報を得てもそれを活用できない人はたくさんいます。
 ABAについて書かれた本など読んでも、何からやればよいかわからないし、その情報量だけに圧倒されてしまい実践できない人。(本を読めない人も)

 そういう人は、情報量が多いからできないと思わないで、自分の子供について、そのとき一番「何とかしてあげたい」と思うことから始めればよいのだと思います。
 
 言葉を話しているかどうか、というのはその最たるものだと思いますが、「じゃあまず、言葉の訓練だけでもABAを取り入れてみよう」と、的を一つに絞ってやってみてはどうでしょうか。

 それで、少しでも効果がみられれば、自然と、あれもこれもABAでやってみよう、という意識に変わってきます。

 
 子供が6歳くらいになっていて、「うちの子にABAをやるのは手遅れね」と思ってしまうお母さんも中にはいるかもしれません。

 しかし、ABAは人間や動物の行動、すべてに及ぶものなので、言語や認知だけでなく、生活全般に応用できます。

 「自閉症児のための明るい療育相談室ー親と教師のための楽しいABA講座 」という奥田健次先生と小林重雄先生の共著がありますが、排泄から学校でのことまで、生活全般のアドバイスが書かれています。


 もちろん、つみきの会などに入会して、2~3歳から週40時間の個別療育をプログラム通りに実践するのは理想的なことですが、そこに至らない人が大勢いる現実を知っているので、上記のようなことを書いてみました。


自閉症児のための明るい療育相談室ー親と教師のための楽しいABA講座
自閉症児のための明るい療育相談室ー親と教師のための楽しいABA講座








にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
読んで下さってありがとうございます。よかったらシェアをお願いします。

ブログ内検索

プロフィール

HN:
つぐみ
性別:
女性
趣味:
読書
自己紹介:
 アスペルガー症候群の子を育てている主婦です。療育や幼児教育に関心があり、読書の幅を広げています。

現在千葉県に住んでいます。出身は静岡県です。

フリーエリア


カレンダー

06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

RSS

PR

Copyright © 発達障害児の療育ブログ : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7