発達障害児の療育ブログ PECSはラフで色なしのものがいい?TEACCHとの違いは?

発達障害児の療育ブログ

アスペルガー症候群の子(さや)を育てています。 3歳のときから療育しています。 アスペルガー症候群・自閉症・ADHDなど発達障害に役立つ情報の提供を目指しています。 ABA・TEACCHなどの方法のほかに、効果的だったことも紹介します。

02/22

Sat

2014

PECSはラフで色なしのものがいい?TEACCHとの違いは?


 視覚優位の発達障害のお子さんなどにPECS(絵カード交換式コミュニケーション・システム)を使用することは多いと思いますが、娘の通う療育センターでも生活の様々な場面で使用している人が何人かいます。

 私も、娘がひらがなを読めるようになる前は、写真をとってカードサイズに加工し、スケジュールなどをよく作成していました。
 Wordのクリップアートやネット上で欲しい写真やイラストを見つけて、プリンターで印刷したこともありました。


 PECSのことで、よく思い出すことがあります。
 療育センターで、電車によく乗るEくんのお母さんは、電車の写真を撮ってカードにしました。
 電車に乗る前に、「これから乗るよ」と言ってEくんに電車の写真のカードを見せたところ、Eくんはなかなか乗ってくれませんでした。

 何故かといえば、カードの写真とこれから乗ろうとしている電車の色が若干違っていたからです。

 同じ路線を走る電車でも、車両によって色や形が異なっていることはよくありますね。
 ぬれ煎餅で有名な銚子電鉄なんて、それぞれの車両で色が全く違ったりします。

 以前、何かの本で読んだことがあるのですが、PECSはできるだけラフに描かれた絵で、色なしのものがよいと書かれていました。
 多分、こだわりの強いお子さんを想定してそのように書かれていたのかもしれません。



 上のイラストのような電車だったら、ざっくりすぎてこだわりようもないのでしょうね。

 私の娘はそこまでこだわりは強くなかったので、電車の写真も、色や形が若干違ったくらいで拒絶するようなことはありませんでした。

 世のお母さんは忙しいので、PECSはできるだけ時間をかけないで作りたいでしょうし、写真が使えるならそれでよいですよね。

 でも、こだわりが特に強いお子さんで、写真と実物の相違に気づいて混乱したりパニックに陥ったりする場合は、「ラフに書かれた絵で色なし」という選択になってくるのかもしれません。

 黒いペン1本でさらさらっと書けたらいいですが、絵がしょうこお姉さん並みになってしまう人は一苦労ですね。

 療育仲間で、「視覚シンボルで楽々コミュニケーション―障害者の暮らしに役立つシンボル1000」というCD-ROM付き書籍を活用している人がいますが、イラストがシンプルでわかりやすく、値段も手ごろで評価も高いようです。
視覚シンボルで楽々コミュニケーション―障害者の暮らしに役立つシンボル1000
視覚シンボルで楽々コミュニケーション―障害者の暮らしに役立つシンボル1000



 そういえば、PECSとTEACCHの違いについて、療育センターで先生に質問をしているお母さんがいました。

 療育の先生の回答だと、PECSの方は「カードの交換」を重視し、コミュニケーションにつなげることを目的としているけど、TEACCHは、「環境を構造化」して整えることを重視しているので、やっていることは同じようなことだけど、目的の部分で少し違うのかもしれない、という話でした。

 PECSとTEACCHの違いって理論的な話になりそうですね。







にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
読んで下さってありがとうございます。よかったらシェアをお願いします。

ブログ内検索

プロフィール

HN:
つぐみ
性別:
女性
趣味:
読書
自己紹介:
 アスペルガー症候群の子を育てている主婦です。療育や幼児教育に関心があり、読書の幅を広げています。

現在千葉県に住んでいます。出身は静岡県です。

フリーエリア


カレンダー

09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

RSS

PR

Copyright © 発達障害児の療育ブログ : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7