発達障害児の療育ブログ ナチスからアスペルガー症候群の子供達を守ろうとしたハンス・アスペルガー

発達障害児の療育ブログ

アスペルガー症候群の子(さや)を育てています。 3歳のときから療育しています。 アスペルガー症候群・自閉症・ADHDなど発達障害に役立つ情報の提供を目指しています。 ABA・TEACCHなどの方法のほかに、効果的だったことも紹介します。

08/25

Sun

2013

ナチスからアスペルガー症候群の子供達を守ろうとしたハンス・アスペルガー


 「自閉症とアスペルガー症候群」という本を読み終えました。

 私は以前、ナチス・ドイツの「優生思想」によって、たくさんの障害者が安楽死させられたことを題材にした演劇を見たことがあって、ナチス政権下で研究をしていたハンス・アスペルガーの歴史的な側面にも興味がありました。


1939年~1941年までに、約7万人の障がい者が「生きているに値しない命」として、抹殺されました。

 
  ↑ 「一人の遺伝患者は60歳になるまで平均2マルクかかる」と書かれたポスター 

 ハンス・アスペルガーは、現在「アスペルガー症候群」と位置づけられているような子供たちを、当時の論文では「自閉的精神病質」と説明していました。自らの研究対象だった「自閉的精神病質」の特徴のあるの子どもたちに対し、強い愛着を持っていたという遺族の証言があります。

 アスペルガーの論文は、ナチスの民族優生政策へ抵触しないような配慮が最大限になされていることが覗えます。
 「自閉的精神病質」が遺伝によるものだとすると、その当時では安楽死させられる危険性があるので、「自閉的精神病質」の遺伝についてはまだ解明できていないと述べつつ、「自閉的精神病質」の特徴を持つ子供たちの「自閉的知能」の素晴らしさを強調するような戦略を取ったのです。

 遺伝についていえば、アスペルガーは長期的な調査によって 「自閉的精神病質」の子は何らかの遺伝的な特徴があると考えていたようですが、「遺伝と言っても、優秀な芸術家や科学者の家系によく見られる特徴」ということを強調することで安楽死を回避させようとしました。

 創造的な「自閉的知能」を強調することによって、「社会にとって有益な存在」と解釈されるような記述もしています。

 結果的には、アスペルガー症候群(自閉的精神病質)の子をナチスの迫害から守ることができたので、英雄のような側面も感じるかもしれません。


 しかし、カナー型とも呼ばれる重度の自閉症の子供たちは安楽死させられたのです。
 アスペルガーの論文は、社会に有益な人間だけ残せばよいという逆説も導き出すこともできるので、安楽死させられた障がい者の遺族からすると腹立たしいものかもしれません。


 障がいの程度が重かろうと軽かろうと、「生きているに値しない命」なんてこの世には存在しないのです。


自閉症とアスペルガー症候群
自閉症とアスペルガー症候群








にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
読んで下さってありがとうございます。よかったらシェアをお願いします。

ブログ内検索

プロフィール

HN:
つぐみ
性別:
女性
趣味:
読書
自己紹介:
 アスペルガー症候群の子を育てている主婦です。療育や幼児教育に関心があり、読書の幅を広げています。

現在千葉県に住んでいます。出身は静岡県です。

フリーエリア


カレンダー

06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

RSS

PR

Copyright © 発達障害児の療育ブログ : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7