発達障害児の療育ブログ 自閉症の人の世界を体験する動画を見て。

発達障害児の療育ブログ

アスペルガー症候群の子(さや)を育てています。 3歳のときから療育しています。 アスペルガー症候群・自閉症・ADHDなど発達障害に役立つ情報の提供を目指しています。 ABA・TEACCHなどの方法のほかに、効果的だったことも紹介します。

02/09

Sun

2014

自閉症の人の世界を体験する動画を見て。


  Carly's Café - Experience Autism Through Carly's Eyes(カーリーズカフェ~カーリーの目を通して自閉症を体験)という動画を見ました。

 カーリーの動画は他にもいろいろあるのですが、この動画は聴覚過敏など、自閉症者ならではの身体感覚が映像で表現されていて、映画のワンシーンのような出来栄えが素晴らしいと思いました。



 カーリーは会話のできない自閉症の女の子(この動画では当時17歳)ですが、パソコンのタイピングで人とコミュニケーションをとることができます。

 日本でも、「自閉症の僕が跳びはねる理由」の著作で有名な東田直樹さんという、文字盤や小型ワープロで会話をする重度の自閉症の方がいますが、勝手に体が動いてしまったりするところなど、カーリーとタイプが似ている気がします。
 
 この動画は、「Carly's Voice」というカーリーの著作に基づいて作成されたそうですが、「カフェで飲み物を飲む」という健常の人ならなんでもない行為が、カーリーのような自閉症の人にはどれほど苦痛かということが伝わってきます。

 SST(ソーシャル・スキル・トレーニング)は発達障害児にとって大切とよく言いますが、カーリーのように過敏が強い人に「カフェへ行けるようになる」というようなトレーニングを課するとしたら、それは間違いかもしれませんね。
 カーリーはタイピングによって自分の考えを伝えることができますが、伝える手段を持たない自閉症の人は、「どうしてもやりたくないこと」を無理強いされている可能性がある気がします。

 話し言葉を持たない自閉症の人が、その内面に言葉が育っていることもあるということを理解すると、接し方や支援の仕方が自ずと変わってくるのではないでしょうか。


 カーリーのタイピングの動画はまたの機会に紹介します。





にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
読んで下さってありがとうございます。よかったらシェアをお願いします。

ブログ内検索

プロフィール

HN:
つぐみ
性別:
女性
趣味:
読書
自己紹介:
 アスペルガー症候群の子を育てている主婦です。療育や幼児教育に関心があり、読書の幅を広げています。

現在千葉県に住んでいます。出身は静岡県です。

フリーエリア


カレンダー

10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

RSS

PR

Copyright © 発達障害児の療育ブログ : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7