発達障害児の療育ブログ 「発達障害なんていう精神疾患は存在しない」という医師がいること

発達障害児の療育ブログ

アスペルガー症候群の子(さや)を育てています。 3歳のときから療育しています。 アスペルガー症候群・自閉症・ADHDなど発達障害に役立つ情報の提供を目指しています。 ABA・TEACCHなどの方法のほかに、効果的だったことも紹介します。

01/10

Fri

2014

「発達障害なんていう精神疾患は存在しない」という医師がいること


 たまたまネットの検索で調べ事をしていて、見てしまった記事があります。
 facebookの記事をまとめたサイトなのですが、そこには発達障害なんていう精神疾患は存在しない」という医師の書いた文章が転載されていました。

 たくさん本を出している方なので名前を挙げますが、内海聡という医師で、経歴を見ると元々は内科のお医者さんだったようです。

 私が見た、内海氏の文章を以下に要約します。



 発達障害・ADHD・アスペルガーなどの病名をつけられた、子供にや親に会ったり話したりする機会がある。
 子供たちのそのような現象の主な原因の一つは、間違いなく「」。
 そのような子供を持つと言う親御の特徴として、「子供からのコミュニケーションを全然受け取っていない」というのがある。
 これは発達障害と診断された親の100%に共通した現象

 そのような親は抑圧的であり、まとめると以下のよう。
「親の言うことは絶対に聞かないといけない」
「予定変更をしてはいけない」
「あなたはそういう病気だから、こういう風にしないといけない」
パニックになると、
 「あーもう、この子は病気だからー」

 ADHD、発達障害なんていう精神疾患は元々は「存在しない」
 親がその病気を作ってるだけ。そして親たちは決してそのことを認めることはない。
 だから医者である私があなた方親を診断する。
 「バカな発達障害」と。



 おそらく、この内海聡という医師はそんなに多くの発達障害の人に会ってはいないと思います。
 「100%に共通した現象」と言い切ってしまうほど、統計をとってもいないし、そもそも児童精神科医としての経験も実績もないので、いいかげんで信憑性に欠ける発言としか言いようもありません。

 普通に「内海聡」と検索すると、2チャンネルで議論されているのをまとめたものがあちこちに出てきます。
炎上商法」というスレッドタイトルがついているものもあって、私もまさにその通りだと思うのです。

 出した本が売れて有名になりたいだけ。

 しかし、怖いなと思うのが、このfacebookの記事に「いいね」をつけている人たちとそのコメント。
 発達障害が存在しないというのを肯定しているわけですから。
 診断名がついて、障害に合わせた適切な対応をして落ち着いた子が存在していることも、断片的な情報しか見ていない人にはわからないのでしょうね。
 医師という資格を持っているだけで簡単に信じてしまう人がいるから本も売れるのでしょう。

 私は、子供の生まれつきの障害を受け入れることは、子供の心に寄り添って生きていくことだと思っています。

 発達障害の子供を「障害は存在しない」ものとして放置するのは簡単かもしれませんが、やがて社会で不適応を起こし、見て見ないフリもできなくなるときがやってきます。
 
 杉山登志郎先生はじめ、発達障害についての代表的専門医の書籍を読むと、本当に、子供のことをよく観察しておられると関心します。
 
 医師にもいろいろな人がいます。見極めは重要です。


関連記事(1):偽アスペルガー症候群とは。医師の診断はちゃんと受けよう
関連記事(2):診断は早めに?Eテレ 先どりきょうの健康「気になる子どもの発達障害 その原因は?」
関連記事(3):広汎性発達障害評定尺度(PARS)で効率的に自閉症などの評価ができるらしい







にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
読んで下さってありがとうございます。よかったらシェアをお願いします。

ブログ内検索

プロフィール

HN:
つぐみ
性別:
女性
趣味:
読書
自己紹介:
 アスペルガー症候群の子を育てている主婦です。療育や幼児教育に関心があり、読書の幅を広げています。

現在千葉県に住んでいます。出身は静岡県です。

フリーエリア


カレンダー

04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

RSS

PR

Copyright © 発達障害児の療育ブログ : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7