発達障害児の療育ブログ ドッツカードやフラッシュカードの効果 続き(3)

発達障害児の療育ブログ

アスペルガー症候群の子(さや)を育てています。 3歳のときから療育しています。 アスペルガー症候群・自閉症・ADHDなど発達障害に役立つ情報の提供を目指しています。 ABA・TEACCHなどの方法のほかに、効果的だったことも紹介します。

07/29

Mon

2013

ドッツカードやフラッシュカードの効果 続き(3)


 前の記事の続きですが、自閉症でない定型発達の子に、ドッツカードやフラッシュカードは有効かという疑問の答えについては、自閉症の子と同じように二つの条件が提示できると思います。

 一つは
カメラアイ(映像記憶)があること。


 二つ目は目でとらえたことを音声と結びつけることができること。


 上記の条件を満たすかどうかを、ドッツカードやフラッシュカードが推奨される年齢で親が把握するのは難しいでしょう。

 しかし、私の知人のお子さん(
定型発達)でドッツカードやフラッシュカードが有効だったお子さんはいます。
 そのお子さんは、3歳のときに私の目の前でたくさんの種類の国旗カードを出し、国名を当てていました。足し算と引き算が出来るところも見せてもらいました。
ドッツカードとフラッシュカードは赤ちゃんのときから見ていたそうです。
 そ
の後、幼稚園受験に成功した話を年賀状で知ることとなりました。

 また反対に、全く効果がなかったという別の知人の話も聞いたことがあります。

 
ドッツカードやフラッシュカードの効果は、生まれつきの能力に依存している部分も少なくないと思いますが、幼児教育は多角的なアプローチが必要なのかもしれません。
 効果がないと思えば、他のアプローチに切り替えればよいだけです。
 
 子育ては何かと仮説検証の繰り返しなのですから。
七田式(しちだ)教材 七田式ドッツセット(算数・計算力)
七田式(しちだ)教材 七田式ドッツセット(算数・計算力)







にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
読んで下さってありがとうございます。よかったらシェアをお願いします。

ブログ内検索

プロフィール

HN:
つぐみ
性別:
女性
趣味:
読書
自己紹介:
 アスペルガー症候群の子を育てている主婦です。療育や幼児教育に関心があり、読書の幅を広げています。

現在千葉県に住んでいます。出身は静岡県です。

フリーエリア


カレンダー

03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

RSS

PR

Copyright © 発達障害児の療育ブログ : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7